ケータイ小説 野いちご

愛と誠

其ノ零。
朧月


(……っ)

不意に寒気を感じて、外にちらりと目を遣ると、もうすっかり暗かった。

少し雪も降っているかも知れない。今年は遅かったから。

「…ん…。鈴(りん)ってば!」

肩を揺さぶられて、一時の外への意識は何処かへ飛んでいってしまった。

「早く支度せんと間に合わへんのと違う?」

話し掛けて来たのは菖蒲(しょうぶ)。
彼女とは同室で、ここへ来たのも殆ど同じ頃だから隔たりも無く話せる仲ではある。
たまに鬱陶しい事もあるけれど。
私は目線を菖蒲に向けて、大丈夫、とだけ口を動かした。
髪は結ってしまったし、着付けも十分、後は紅を引けば終わり。
ただ、なんとなくそうしたくなかった。

「鈴は、確かお座敷に上がるの初めてやったね」

不意に、くつり、と菖蒲が笑った。

「緊張してる?」

ああ。
解っているのに聞くのか。
菖蒲は。

「当たり前でしょう。ただの新造が、太夫を贔屓にしてる様な人のお座敷に上がらなきゃいけないのに。」

そう。私は遊女。
京にある遊廓の中にいる、ちっぽけな存在。
その中でも位が一番下の新造の仕事なんて、殆ど雑用。
の、筈だったのだけれど。

「なんで私が…」

今日は上客からの指名がかち合ったとかで、私が太夫の代理でお座敷へ上がることになっていた。

「まあ、滅多にこんなことあらへんし」

にこにこと笑いながら、菖蒲が私の頬を摘む。

「鈴は可愛い顔やから大丈夫。それに」

それに、

もし、上手くいったら身請けしてもらえるかもしれへんよ?

「身請け…、なんて」

身請け。それは全ての遊女にとって、殆ど叶う可能性の無い夢。
この、遊廓という籠の中から解放されるという、夢。
時折、将軍からすら指名があるという遊女の最上位、太夫でさえ、一度は見たであろう、夢。

「そんなの、」

有り得ない、と口から出掛けた言葉は襖が静かに開く音に遮られた。

「鈴、支度は、」

入ってきたのはこの遊廓の1角を取り仕切る主、三ツ屋信昭(みつや のぶあき)。
穏やかに細められた目と柔和な雰囲気とは裏腹に、この遊郭の一角を担うほどの権力者だと聞いている。

「あ…、はい。」

少しだけ色を濃くした紅を引いて振り向く。
派手な色だけれど、好きな、朱色。
浅葱色の着物とよく合うから。

「お見えになりはった。鶴の間や。」

何時もどおりに細められた目に、なんとなく褒められている気がした。



< 1/ 2 >