ケータイ小説 野いちご

さくら~彼が愛したもの~

第一章 軌跡
ジルの弱点








今日は、木曜日。






次に、ジルと会う約束をしている日曜日まで、まだ3回寝ないとダメだ。






はぁ~....時間がたつのがなんて遅いんだろ。






私は、日に何度もカレンダーを見つめてため息をついた。






メールもする。電話もする。でも、やっぱり会いたい。






今、なにしてるんだろうな?






ジルがいなかった今までをどう過ごしてきたのか、もう思い出せない。






再会して、わずか数日。






会いたくて、会いたくて…。






そう思っているのは、私だけなのかな?








< 20/ 378 >