ケータイ小説 野いちご

恋と教師と密かな独占欲

恋と教師と密かな独占欲



放課後。
廊下を歩きながら長い溜息。

言っておくが、職員室から自分のプライベートゾーン(?)である英語科準備室が遠すぎて、しんどさを感じているからではない。


季節は夏へと向かってラストスパートの頃。

気温も湿度も上昇中。ついでに言うなら、職員室の緊迫度も上昇中。

期末考査一週間前の学校は、生徒と教師の温度差が一番開く時であろう。


(……あの空間、息が詰まるというか何と言うか……)


つまり俺は、歩く距離ではなく、職員室の空気にしんどさを感じたのだ。

臨時教師はあくまで臨時。いずれは此処を去る人間。

そんな意識が強めな俺は、テストにおけるやる気度はどちらかと言えば、生徒寄りだ。

早く来い来い、夏休み。


(――うむ。限りなく学生並みだな。……まぁ色々と)


「智弘ー、野球しねぇ?A組とクラス対抗戦なんだけどメンツ足んねぇんだよ」

「おー、行く!……と言いたい所だが。お前らテスト前だろ?勉強しろよ、勉強。っつーか、名前で呼ぶな」


途中引き留められ、二人の男子生徒と立ち話を。

ピリピリしてる教師どもと違い、彼らの意識はすでに試験後の休みへフライングし浮足立っている。
 

< 1/ 13 >