ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

僕は何度でも、きみに初めての恋をする。

prologue



きみに出会ったのはいつだっただろう。

なんて、自分に訊くまでもなくはっきりと憶えている。


空の色だって、風の匂いだって。

ふわりと笑う、きみの顔だって、全部。



ひとりで帰った暗い空に、そっと手を伸ばしてみたあの日。

いつもとは違うことなんて、何ひとつだってなかったけれど。


確かに変わった。世界が変わった。

今になって、そう思う。


はっきりと憶えているその瞬間を、いつか忘れてしまったとしても、大丈夫だって、構わないって、強く頷くことができるのは。

きみが見せてくれた世界が、今、ここにあるからなんだと。

それは全部、きみとの出会いがあったからなんだと。

大きな声で叫べるんだ。



世界はすべてが美しい。

そんな綺麗ごと、今もわたしは思ってないけど。


でも、もしも、きみと同じ景色が見られるようになった今。

その綺麗事を、本当のことだと信じるのなら。


< 1/ 222 >