ケータイ小説 野いちご

BRACK☆JACK~序章~

BRACK☆JACK~序章~
【5】




【5】



 翌日の朝早く、ユイはエイジがどこからか調達してきた車で移動をしていた。

 目的地も何も決めずにただ何時間か走り、車を変えてまたひた走る。

 そんなことを繰り返し、ようやく夜になった。

 車を降りて、三人は徒歩で海岸通りを歩いていた。

 一日、一緒にいても別段変わった話もなく、いつも通りのエイジとレンの小競り合い。

 それを見てくすくす笑い。



「時間なんて、あっと言う間に過ぎるものなんだね… 」



 満天の星と、穏やかな海を見ながらユイは呟いた。



「そうだな」



 大して興味なさそうに頭の後ろで手を組みながら、レンは言った。

 それでも、放っておかれているという感覚がないのは、 一緒にいた短い時間でお互いを“理解”したからだ、とユイは思う。

 この二人は絶対に逃げたりはしない。

 自分達の置かれた状況から、そしてユイの置かれた状況から。

 それならば、ちゃんと二人に話をしなければいけない。



「――私…ね」



 ユイは意を決したようにエイジとレンの方に向き直る。



「明日で、一旦お別れだな」



 ユイの言葉を遮り、レンは言った。

 出来れば、それを認めたくなかった。

 ――…本当は。

 本当はもっと。



「ま、大体のことは調べたんだがな…ただひとつ、未だに分からないことがあるんだ」



 エイジは言った。

 ユイは二人に背中を向ける。



「…どうして私があなた達を知っていたのか、ってことよね?」



 ユイが聞くと、エイジはポリポリと頭を掻いて。



「…ま、まァその…俺たちもよ、色々あって今に至るワケだしな…知りたいとか、知りたくねェとか、そういうんじゃねェんだけど…」

「心配しないで。私はあなた達を知っているし、かといって敵じゃない」



 でも、何故あなた達のことを知っているのかは、今は言えない、とユイは付け足した。

 事情があるのは分かるが、お互いの事はあまり深入りしない。

 ここは、そう言う街なのだ。



「でもね、時期が来ればちゃんと話すわ。お互いにもう少し、ゴタゴタが片付いてから、ね」

「…まァ、なんつうか」



 エイジは点けたタバコの煙を、夜空に向かって吐き出した。

< 16/ 48 >