ケータイ小説 野いちご

漆黒の紋章



「姫様、聞いておられますか?今日は上の空でございますよ」


「ちゃんと聞いていますわ。こんなにも外が晴れていて綺麗なのだから少し外に出てもいいでしょ?」



教育係のソフィは相変わらず厳しい女性。しかし、厳しいだけではなく優しい一面もある私の教育係


小さな頃からお世話になっている存在で、昔からこのハイベル家に仕えてくれているソフィ



「いけません、最後まで聞き終えたらお庭に出ることを許します。それまでは、このソフィのお話をおききください!」


「はぁい」




一度決めたら譲らないのがソフィ
きっちりとしていて、真面目だからお父様もお母様もソフィのことを信頼しているんだろうね






< 9/ 214 >