ケータイ小説 野いちご

運命みたいに恋してる。

運命と本心

 その日の帰り道。

 部活を終えた花梨ちゃんと一緒に帰宅しながら、あたしはさっきの出来事を逐一報告していた。


「ふーん。……でぇ? 七海ちゃんはどうするつもりなのぉ?」


 語尾に怒りマークがビシバシくっついてる口調で、花梨ちゃんが聞いてくる。


 わー、花梨ちゃんてば、かなりご立腹……。


「まさかその、地面とかいうヤツの言うことを真に受けるつもり?」


「いや、地面じゃなくて大地なんだけど」


「似たようなもんじゃないの。とにかく、うさんくさい。その男」


 ご立腹モードの花梨ちゃんは、容赦なく大地のことを貶し始めた。


「そいつの言ってることって、筋が通ってるように聞こえるけどムチャクチャ自己中じゃん。自分さえ良ければ、他人を傷つけてもいいってことでしょ?」


「だよね」


「そういう手合いが将来、DV男になってストーカーに成り果てるのよ。でなきゃ詐欺師か、カルト教団の教祖よ」


「そ、そうなの?」


「七海ちゃん、君子危うきに近寄らずだよ。そんな男と関わっちゃダメ」


 バシッと言い切られて、返事もせずに黙り込んでしまったあたしを、花梨ちゃんが不審がる。


 どうしよう。

『実は勢いに押し切られて、お互いの連絡先を交換しちゃいましたー。アッハッハ』


 ………とか、とても言い出せる空気じゃないよ、これ。

< 103/ 323 >