ケータイ小説 野いちご

暇を持て余したので、学校パロディをやってみました

2年A組、ヤンデレ義兄先生


ミーリアの場合。


「「きりーつ、れーい」」


「はい、着席っと。じゃあ、今日は教科書の――ん?」


ピルルル。


「……」(メールを見る)


「ちょ、先生っ。授業中に携帯いじっていいんです、どわっ」


「少し、黙っていてくれるかな」(ナイフ投擲体勢)


「すんませんでしたっ」


「ああ、それと。今日は実習だ」


「「は!?」」


「今、俺の愛しい人から、『お仕事頑張って』メールが届いたんだ」


「「はい?」」



< 6/ 33 >