ケータイ小説 野いちご

Light of hope Ⅰ【完】

学校





ピピピピッ ピピピピ…



「朝…?」



欠伸をしながらゆっくりと起き上がり、霞む目をゴシゴシと擦る。



ぐぅっと伸びをして視線を向けた先、



「やばっ、遅刻!」



8時を指す時計を見て一瞬焦ったが…。



「まぁいいか」



どうせ焦っても遅刻だろうとのんびり支度を始めた。




< 6/ 520 >