ケータイ小説 野いちご

Light of hope Ⅰ【完】

夏休み
拉致……?





海へ行ってから数日ーー。



「…暑かった」



今日は今までにないくらい暑い。



「今年1番の猛暑だってね」



「冷房なかったら死んでたな」



流石に朔や海斗も外の暑さに参っているようだ。



ここの部屋は冷房がかかっていて涼しいが、他の所は冷房がかかっていない。



私は今さっきトイレに行ってきたが、この部屋との温度差に驚いたほどだ。



……暑すぎてアイス食べたくなってきた。



急に湧いて出た欲求。



やっぱり夏といえばアイスだし、冷たい物が食べたい気分。



「蓮、コンビニ行ってきてもいい?」



「何でだ?」



隣で雑誌を読んでいた蓮に尋ねると、険しい顔をして聞き返してきた。




< 380/ 520 >