ケータイ小説 野いちご

Light of hope Ⅰ【完】

銀狼





「1-Aの男子は全員銀狼だ。



女たちもどこかしらのレディースに入ってる」



教室に向かう間、來ちゃんからクラスの話を聞く。



「全員銀狼だと蓮達にすぐ捕まっちゃうな」



ボソリと呟いたつもりだったのに來ちゃんには聞こえてたようで、呆れ顔を向けられた。



「銀狼の総長にもう目つけられたのか?」



「うーん、目をつけられたって言うか気に入られた?」



「同じ事だよ」



仰るとおりで…。



「ったく、最悪だな。それも1-Aには幹部が一人いるぞ」



「…やだなぁ」



面倒な事にならないといいけど、平凡な日常はやってこないだろうな。





< 27/ 520 >