ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

刻印を持つ古の巫女

第二章
許さない



「ねぇ、本当に来るの?」




「もちろん。」




「本当に、本当に来るの?」




「あぁ。」




「本当に、ほ「紗良、朝から煩いぞ!
何を騒いでるんだ。」




「すいません…。」




だって!だって!




「炎君よく似やってるわよ。
亜樹とサイズが同じで良かったは。」




そう、炎君が学校について来るって言うのです…。
あっ、ちなみに炎鳥だと可哀想なので炎君と呼ぶようにしました。




< 85/ 280 >