ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

刻印を持つ古の巫女

第一章
教えられた真実



「今から父さんがいう事をよく聞きなさい。」




なんかすごい威圧感。




「その右手の甲にあるその痣の話と紗良が召還した使い魔と霊力について話すから。」




「はい。」




「炎のような痣は炎鳥を唯一召還する事のできる選ばれた物の証ともう一つは鬼慈志の呪い刻印だ。」




呪いの刻印…?




< 76/ 280 >