ケータイ小説 野いちご

刻印を持つ古の巫女

最終章
記憶の結晶



白狼side




遅すぎる。




スー……。




あれ?
禁魔結界が消えていく。




「紗良様……!」




中へ行ったがそこには誰もいない。




っ、大変だ!
亜樹様に早く知らせないと!




白狼side終わり




< 251/ 280 >