ケータイ小説 野いちご

最強溺愛彼氏

★波乱の予感...

***


学校の校門を過ぎると、京夜の姿があった。


朝から会えるなんて、ラッキー☆彡

後姿もカッコいいなぁ...


私、京夜依存症かも...



「京夜!」


京夜の近くに行って話しかける。


「ん。ななせ、はよ」



「おはよぉ!!」



うわぁ。

ヤバい。実物だよぉ。



「ん?何か、俺変?」



「ううん!」



< 300/ 394 >