ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

オオカミ系幼なじみと同居中。

*第2部*
・雨模様 ― 要sid



気がつくと俺の周りには、いつも女が集まってくる。


俺だって始めは、拒否ってた。


けど。
いつからかな、それもめんどくさくて

“さっさとすませてすませてしまおう”


なんて、思い始めてた。
だから、結構恨まれる事も多い。



自業自得。




「……要……今日はうちに入れてくんないんだね」


「うーん……、今日はダメ」



まとわりついてくる腕をそれとなくかわして俺は笑顔を作った。



「えぇ~!つまんなぁい」



あからさまに甘えた声でさらに体にまとわりつく。



あぁ……めんどくせぇ……



いつもこうだ。
ウザくて、それがめんどくさくて女の誘いを受け入れる。




ふとあいつの顔が浮かんだ。


あー……くそッ。


あいつは一体なんなんだ。
この家に住んでる事は秘密にしたいって言っておいて
自分から姿見せるなんて。

意味わかんねーし。

俺がどんな気持ちでいつもいると……


「……」


なんか腹立つ。




女の子の扱いには慣れてるつもりだった。
でもその自信を簡単に崩してしまったのは、最近うちに居候している女だった。


今までの子とは違う反応にオレは驚いていた。


目が合うだけで、恥ずかしそうに俯いて、触れようなんて手を伸ばせば小さな体は強張って固まってしまう。


そんなに、緊張されるとどうしていいかわからない。



ほんとに、俺の事全然覚えてねぇんだな……

……ったく。
どんだけ単純なんだよ、あいつは。



「ごめんね。今日は帰って?」

「なによぉ、つまんない~」


俺はにっこり笑顔を作ると、香水の香りがプンプンする女を見た。
色気ムンムンの彼女はそう言って「今度埋め合わせしてよね~」と去っていく。



「はぁー……」



溜め息を吐きながら頭を掻いた。

“ヤレるなら誰でもいいのかよ?”

そう思って、俺は自分にも問いかけた。


雨の降り出しそうな空を見つめた。




……どこ行った? 未央……





< 70/ 301 >