ケータイ小説 野いちご

幽霊さんの日常手記

Newspaper
escapes



「ててて、店長っ、新聞が浮いてますううううう!!」


店員さんが叫ぶと店の奥から「はぁ?」という声が聞こえる。

店長さんにまで見られてしまえば明日のニュースは怪奇物で溢れかえりそうだ。



ええい、面倒だから仕方無い。



バシンッ



「……はひ」


気を失う店員さん。
私は丸めた武器…基新聞をほっぽった。


悪気は無いよ。ただ浮いた新聞なんてのは忘れてくださいです。



「新聞なんか浮いてねぇじゃんかよ…って、おい、大丈夫か!?」


タイミング良く店長が来てくれて、そそくさとコンビニを出る。
大丈夫だ、防犯カメラ何てあって無いような物一々確認しないさ。

…多分。




此所は一先ず、

『お邪魔しましたぁーッ!!』


逃げるが勝ちじゃないでしょうか。

< 5/ 41 >