ケータイ小説 野いちご

幽霊さんの日常手記

Waking



『…ん、』


パトカーのサイレンやら人のざわつく音に目を覚まし、起き上がる。

辺りを見渡すも人の壁で何処に居るのか見えない。と言うか、私生きてる?


そんな事を考えてみるも、人の視線は私の後ろへ集中しているから可能性は無いだろうな。
ふは、と笑い皆様の視線の先へ首を動かす。



『ぎゃあす、これはこれは。』


なんつーか、暫くハンバーグ見れない。
これはアレだね。

飛び降りる

第一次ぐっちゃ大戦

通りすがりの車に引き摺られる

第二次ぐっちゃ世界大戦

ぐっちゃん

みたいな。



正直自分の死体を見ても何ら嬉しか無いので、さっさと立ち上がり人混みをすり抜けて行く。


気持ち悪いなぁ、何て呟いてみるも反応はゼロ




まぁ何というか、

今日から晴れて幽霊さんです。
空と私の心は曇天ですけど。


< 2/ 41 >