ケータイ小説 野いちご

幽霊さんの日常手記

Past




『…い、……さい、起きなさい千尋!!』

「うわっ…な、何だよ。」

『何だよ、じゃない。学校行くよ。』

「…は?」



おはようございます、秋夜です。

先日から千尋ことちーちゃんと暮らしてます。


『どうしてこうなった…』

「仕方無いだろ、お前、自分の家すら知らないんだからさ。」

『ごめん』


着替えながら呆れる千尋に目を逸らしつつ取り敢えず謝っておく。

何だかんだで千尋は人間だったらしい。
しかもマンションに一人暮らし。


学校は私立の名門校ってやつだけど、今年から全く行ってないと言う。



それでも登校を余儀無くされたのは、千尋が起きる前に見ていたニュースのせいだった。


< 14/ 41 >