ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

隣の席の俺様ヤンキー【完】

奪われた唇【魁一side】

【魁一side】


「俺ら、一応付き合うことにしたから」


アキラは俺と目を合わせずに、呟くようにそう言った。


「一応って何だよ」


「そ、そんなとこ突っ込むなよ!!」


「つーか、誰と付き合うって?」


「絢子に決まってんだろ!?他に誰がいるっていうんだよ!!」


「へぇ、よかったな。お前ずっと井上のこと……――」


「ば、バカ!!別に絢子のことをずっと前から好きだったわけじゃねぇし?」


「つーかお前、声でけぇよ。興奮すんなよ」


「興奮なんてしてねぇよ!!」


いつものように授業をさぼって屋上でタバコをふかしながら、隣に座るアキラを睨む。


俺の読み通り、アキラと井上は付き合うことになったらしい。


『一応付き合うことにした』


なんて言っていたくせに、気持ちが悪いほどにアキラの機嫌がいい。

< 213/ 384 >