ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

隣の席の俺様ヤンキー【完】

脱!?偽りの恋人【莉奈side】

【莉奈side】


「好きでいてもいいじゃん!」


「え?」


あたしは昨日の出来事や今までの魁一への想いをすべて絢子に打ち明けた。


すると、以外にも絢子はあっさりとそう言った。


「だ、だけど、少し前……あたしのこと嫌いって言ってたんだよ?」


「それって本当に莉奈のことなの?ナナセって名前の違う子のことかもしれないし」


「……でも、ナナセって言ってたし……多分、あたしのことだと思う」


「もし仮に桐山君が莉奈のことが嫌いだったとしても、今は嫌いじゃないってことでしょ?普通、大っ嫌いな相手と偽りの恋人をになろうなんて言わないもん」


「そうかもしれないけど……」


「過去のことはもう忘れて、新たな気持ちで桐山君にぶつかっていきなって。話聞く限り、かなりチャンスありそうだもん!!」


「そ、そうかなぁ……」


絢子の言葉にちょっぴり照れ臭くなってポリポリと頬をかく。

< 145/ 384 >