ケータイ小説 野いちご

あなたの体温で癒して・・

5.事故?!

・・・

こうして付き合うことになった私たち。

・・・

私は会社務めだから、

定期的な休みがあるけど、

孝明は、

入院患者さんに、

容体の急変があれば、

病院に呼び出されることもしばしば。

・・・

でも、

私はそんな事気にしない。

・・・

だって、

孝明はお医者さまで、

責任重大な職業。

・・・

どんなにラブラブな時間でも、

病院からの呼び出しなら、

快く、

送り出すことができる。

・・・

いつも笑顔で送り出してる私に、

孝明は、

いつも申し訳なさそうな顔をする。

< 60/ 217 >