ケータイ小説 野いちご

危険な瞳に恋してる

Ⅱ章
昼間の顔

 


 次の日の朝早く。

 わたしは、学校の教室で、げほげほとむせていた。

 黒板消しを叩いて、チョークの粉を払っていたんだ。

 頼みのクリーナーは、電源を入れてもちっとも動かない。

 しかたがないので、黒板消し二つをあわせてぱたぱたやると、煙みたいにもくもくチョークの粉が上がった。

 ……ツイていない時には、とことんついてない。

 お金。

 本当にどうしよう。

 一瞬、学校に持ってきて、先生にこっそり渡そうか、とも思ったんだけど……

 百万円、なんだよね。

 額が大きすぎから、先生の机の上にこっそり置いても、なくなったら困るし。

 だからって、先生を待って、手渡ししようにも……

 渡す前に、万が一、持ち物検査でもあったら、言い訳できない。

 だから、今日、学校に持ってくるのはあきらめたんだけど……





 ……はああああ。

 げほげほげほっ!





 もうっ!

 ため息ついたら、モロにチョークの粉を吸い込んじゃったじゃない!

「おはよう、春陽~
 大丈夫?」

 わたしが涙目になっていると、教室に入ってきたコがいた。

 

< 37/ 313 >