ケータイ小説 野いちご

危険な瞳に恋してる

Ⅰ章
処女(はじめて)の値段

 




「三万でどう?」





 どきん






 ……心臓が、飛び出すかと思った。



 ネオンのきらめく夜の街で。

 わたしは、初めてサラリーマン風のオジサンに声をかけられた。



 三万……

 三万円と言ったら、わたしが親から貰うお小遣いの半年分だった。

 それを、たったの一晩………で?


 そんな大金が、わたしにつくなんて信じられなかった。




 

< 1/ 313 >