ケータイ小説 野いちご

白いジャージ9 ~最終章~

LOVE.1
家族旅行






―家族旅行―







8月の空は、見上げるのも眩しいくらいに青かった。





入道雲がもくもくとせりあがり、太陽も逃げ腰。








今年も暑い夏がやって来た。











私、新垣直。





まだまだ新婚気分の新米主婦。



そして、旦那様は・・・・・・






「今日も先生、かっこいいね」



「な~に、見とれてんだよ!」






私のおでこを人差し指で突っついたこの人。






新垣和人。



高校の体育教師。







白いTシャツにスカイブルーの半袖シャツ、黒のパンツ。




ちょっとツンツンした今日のヘアスタイルも素敵。








「今日は、和人って呼ぶね」



「え?俺のスイッチ、入りまくりじゃないか?」



「へへ。今日は先生のご両親もいることだし、ね」




今日は、計画していた家族旅行。








< 1/ 304 >