ケータイ小説 野いちご

鈍感彼女 不器用なあいつ


紘の馬鹿






「由宇って、鈍感っていうよりも馬鹿?」






ムカッ





「何でそんなデリカシーないこと言うかなぁ?」






「んな怒んなよ。」




怒るよ。




完璧に、あたしのこと馬鹿にしてるもん。





「別に、由宇のこと馬鹿にしたかった訳じゃないし。」






「馬鹿って言ったくせによくそんなことが言えたね。」





もう、紘サイテー。






こっちの気持ちも知らないで・・・。







< 32/ 119 >