ケータイ小説 野いちご

【完】彼氏捨てます!Part2

♡傷付いた心とカラダ




とぼとぼ歩いて家に向かっていると




─~♪~♪




バッグの中で携帯が鳴った



誰?




携帯のディスプレイで名前を確認すると”大輔くん“と表示されていた



─ピッ




「…もしもし」




電話に出ると




『あ、白木さん?体調は大丈夫??』



って優しい大輔くんの声。




「……………うん」




『白木さんの忘れ物を届に来たんだけど…』




「忘れ物??」




『うん、ハンカチ』




ハンカチ…?



そんなの忘れたっけ??





< 86/ 318 >