ケータイ小説 野いちご

【完】彼氏捨てます!Part2

♡龍司くんの企み




龍司くんのアパートの前まで行くと




「百華ー!乗れ」



って黒のセルシオに乗るように言われたから




「う、うん…」




恐る恐る助手席に乗り込んだ





「どこに行くの??」




出掛けるなんて聞いてない、





「着いてからのお楽しみー」




そう言うと龍司くんは乱暴に車を発進させた






< 70/ 318 >