ケータイ小説 野いちご

あたしをいじめて何か良いことあるんですか?

5.切ない理由と親友の存在
















「ね、ねぇ・・・どこ、行くの?」



















「んー・・・、とっておきの場所?」




















いたずらっ子のような笑みを浮かべてじぃーと見つめられ、思わず頬が紅潮してしまう。






















いまだに手はつながったままで。






















屋上の2人の事も気になるけど、今のあたしは小田原君の事でいっぱいだった。




















どこに向かってんだろう・・・?


















「とーちゃーっく!!」



















「えっ・・・ここって、」





















明るい声に顔を上げれば、そこには。























「音・・・楽、室?」



















< 83/ 168 >