ケータイ小説 野いちご

お姫様の婚約者

3章 ショッピング
謝り方









あの後、あたし達は朝ごはんを食べて家を出た





今日は部屋の家具と洋服、アクセサリーとかを買いに行くつもり





「龍斗は今日行きたいところあるの?」




「いや、とくにはねぇな」





「そっか・・」




自分は特に用事もないのに、あたしの事起こしてくれたりついてきてくれたり





ほんと優しいよね





あんまり表に出さないから、恐いイメージあったりもするけど






やっぱ、結構優しいのかも





てか、たぶん白百合組の中で1番優しいんじゃない?





< 82/ 177 >