ケータイ小説 野いちご

お姫様の婚約者

3章 ショッピング
おやすみとおはよう








あたし達はあの後龍斗の買い物を済ませ、ご飯を食べに行き、帰ってきた







そして、今あたしは髪を乾かしてもらいながらテレビを見ていた







「乾きましたよ、お疲れ様でした」





「ありがとう、じゃぁおやすみ」





「おやすみなさい」





そぉ言って、メイドさんは部屋を出て行った





はぁぁぁぁ





なんか今日は色々ありすぎて疲れた















< 70/ 177 >