ケータイ小説 野いちご

堀江くんの遠回りな恋


春が来る!?

飲み会の翌日、出社してきたオレのデスクに今里が寄ってくる


「昨日はお疲れさまね。ところで良い子いた?」


オレは通勤途中に買ってきたカフェオレを危うく噴き出すところだった


「い、良い子って何だよ」


「アンタ……まさか全然チェックしてないの?」


いや、今里……チェックも何も……


「年寄りのお茶会じゃないんだからね。全く…呆れるわ。はいこれメアド、ちゃんと送りなよ」


と渡されたメモには


経理部 八尾 茜(やおあかね)という名前とメアドが書いてあった




< 6/ 157 >