ケータイ小説 野いちご

堀江くんの遠回りな恋


新しい恋

その後も、今里は同期としてオレに接していた


当然と言えば当然だけどーーー


正直、オレにはまだ今里を抱いた感触が鮮明に残っていた


今里は本当に何ともないのか?


ほんの少し胸に引っ掛かりを感じるものの、たいして気にする事もなく日々が過ぎていた


八尾茜とはあれからもメールのやり取りはしていてメシも何度か行ったりしている


もちろん、二人でだ


最初に比べると八尾も少しずつ話すようになってオレも彼女に対して少しは興味を持つようになっていた

< 26/ 157 >