ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

堀江くんの遠回りな恋


キスの代償

〈千夏side〉


目が覚めると見覚えのない天井が見えた


ああ…これ、知ってる


これよく小説やドラマである展開だよね


起きたら知らない部屋で寝ていたってやつね


そんな訳ないだろって今までバカにしてた


だけど……








本当にあるんだね


そしてお約束の様に自分の体を触る


なるほど…


取り敢えず、ベットの下に散らばる下着やら服を急いで身に付け


部屋を後にした


玄関に向かう時


お風呂場から誰かがシャワーを浴びてる音が聞こえたけれど


この部屋の主である事は間違いないので声をかけず、むしろ気づかれないようにそのままそっと部屋を出た






< 19/ 157 >