ケータイ小説 野いちご

一途な彼氏は溺愛中。

一途Ⅰ
…学校。

学校に着くと…


「ねえねえ、名前なに!?」


「やばい、超格好良いんだけど!!」


「彼女いるの!?」


琉依はあっという間に、女の子に囲まれてしまった。


昔からすっごくモテて、中学でも毎日のように告白されてきたけど…やっぱり、ちょっと寂しい。

< 13/ 288 >