ケータイ小説 野いちご

愛してる、愛してた、バイバイ。

想い





ーーーーーーー
ーーーーー




「ふぅー、3時間も入り浸ってたのか」


奏汰がすっきりしたーみたいな顔で伸びをする。





『悪い、つき合わせて』



「いいよ。お前が頼って来るなんてあんまり無かったから嬉しかったし」





ニコッと笑う奏汰。




「んじゃ、また明日な!




元気にしてろよ?」



『何だよ、死ぬ寸前の人間に言うみたいに言うんじゃねぇ』




「はははっ!



じゃぁなー」




奏汰は、颯爽と帰って行った。




俺も、家に向かって歩き出す。







< 93/ 279 >