ケータイ小説 野いちご

愛してる、愛してた、バイバイ。

傷つけ合い







次の日。




学校に行くのが憂鬱で仕方なかった。







左目は少し腫れていたから、前髪で隠した。




由良には、


「何で前髪隠してうの?」




好奇心と言うのだろうか。




幼心が、俺の心の傷をエグッた。





気分とだけ、言っておいたが、風哉の目は誤魔化せなかった。





風哉と一緒に家を出て、無言で学校に向かって居た。




ふと、風哉が口を開いた。





「……何があったか知らねぇけど、余計な心配はかけんじゃねぇぞ。」



…風哉なりの気遣いなんだろうなと思った。



不器用な風哉だけど、人一倍不器用ながらの優しさを持っている。





< 83/ 279 >