ケータイ小説 野いちご

愛してる、愛してた、バイバイ。

帰り




結局、帰りのHMになっても、來未は帰ってこなかった。





だから、一応昨日学習した俺は迎えに行った。





ガラッ



『…失礼します……』



「あら?優哉くん……だったかしら?」



少し顔を赤らめた女教師が、保健医なんだろう。





『…はい。來未ってまだ寝てますか』



基本喋らない俺は、素っ気なく目を逸らす。



その後とに少し肩を落とした女教師だったが、直ぐにベッドを指差した。




「……色々あったみたいだし、帰すのもなんだったんだけど、君が居たら大丈夫ね。」






女教師は、保健室にある制服を持って來未の居るであろうベッドのカーテンを開けて中に入って行った。






< 52/ 279 >