ケータイ小説 野いちご

愛してる、愛してた、バイバイ。

デート








「はぁ……やっとくっついたのか」




奏汰に報告すると、呆れた顔で俺等を見たが、そのあとは微笑んで、




「おめでと」




と言って来た。



『おう』




「ぅ、うん…」


來未は、顔を真っ赤にしながら俯いて居た。




ピルルルルル……










「あ、俺だ。ちょっと出るな」




こくんと頷くと、電話に出る奏汰。




「あ、真耶?」





真耶とは、奏汰の彼女であり、俺の中学のクラスメートだ。





< 102/ 279 >