ケータイ小説 野いちご

愛してる、愛してた、バイバイ。

入学式








『…ふぁ………あ』




俺の盛大な欠伸が出る。




「ゆぅく、ねちゃらめ。」




可愛いたどたどしい歩き方と喋り方をしている、小さな子供は、妹の由良。




兄妹にしちゃ、離れてるけど、母さんがいい年して頑張った訳じゃ無い。






俺は、今は高校の入学式に来ている。





県内で二番目に頭の良い、“南高校”を受けた。





テス勉も何もせずに、筆記試験をした。




結果、ほぼ80〜90だった。






俺は、父さんの血をついで、何かと頭がいい。







ま、そこには感謝しようと思う。










< 1/ 279 >