ケータイ小説 野いちご

罰恋。

好き、大好き**





人混みを掻き分けて


宮澤を探す。



さっきの場所にまだいるかな。

もういないかな。



あ…、でも私、
嫌われてるんだよね…


不意に走る足が止まる。


今行って 迷惑 とか言われたらどうしよう。


…でも、それを覚悟したうえで来たわけで……





< 46/ 59 >