ケータイ小説 野いちご

君に夢中で恋してる*

*3rd Romance
傘の中に二人で


私のペースに合わせて、とても分かりやすく数学を教えてくれた日向君。


そんな彼に、感謝の気持ちと嬉しい気持ちでいっぱい…。


十分すぎるほど素敵な時間だったなぁ…なんて思っていたら…。


日向君に家まで送ってもらうことになっちゃったよぉ…!


しかも、手まで握られちゃってるし…。


鼓動が慌ただしく動いていて、落ち着かない。


ソワソワしながら、日向君の横顔を見上げた。


きっと、優しい日向君のことだ…。


私が雷を怖がってたから、見兼ねて…わざわざ送ってくれるんだろうな…。


「…………。」


どうしても、申し訳なさが募る。


やっぱり、“一人で帰れるから大丈夫”って、もう一度言おう…。


校舎を出て、校門へと繋がる道を歩く中…。


「あのっ、日向君…!」


私が言葉を切り出すと、日向君がこちらに視線を向けた。



< 102/ 305 >