ケータイ小説 野いちご

六花の翼〈リッカ ノ ツバサ〉【完】

転校生と留学生





温かい……



また、誰かがあたしを抱きしめてる。



どうして?貴方はどうして……



温かいのに、引き裂かれそうに、胸が痛い。



ふわり。



あたしの視界に、白が落ちてくる。



これは……羽?



目を見開いて、見えたのは……



大きな、純白の翼だった。




< 106/ 691 >