ケータイ小説 野いちご

君が好き。

ごめんな




「陽太、話ってなに?」

「…ごめん。」

「えっ?」

「俺が間違ってた…。
自分でもわかってた。
だけど俺のわがままの
せいで叶芽のことたく
さん傷つけたし、ホン
トに悪かった…。」

「陽太はあたしのこと
なんか好きじゃないん
じゃないの?どうでも
いいんじゃないの?」

「…それは違う。」

陽太は、ただあたしに
ヤキモチを妬かせたか
ったこと、あたしに一
目ぼれしてくれたこと、
今までの気持ちを全部
話してくれた。


< 22/ 25 >