ケータイ小説 野いちご

光のもとでⅠ

プロローグ

 四角い窓から外を眺める。

 真っ白な、何もかもから隔絶されたその部屋から。

 窓の外から差し込む陽の光。

 手が透けそうなくらい強い光。

 その光が、真っ白な壁をより一層白く見せる。

 真っ白なのに、なぜか絶望を味わえる部屋。

 息がつまる――。

 もし、このあたたかな光の中を歩くことができるなら、

 ほかには何も望まない。

 だから――私をここから出して。

< 1/ 10041 >