ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

無口彼氏と遠恋中

二言目



「えーでは、女子の文化祭委員は栗原さんで」


クラスの委員長が、黒板にあたしの名前を書いて行く。


朝のHRの時間、近々行われる文化祭の委員を決めていた。


見事にジャンケンに負け、あたしは委員をやることに。


「えっとー…皆さん何がやりたいですか?」


進行役交代ということで、あたしが前に立ちクラスメートに問い掛ける。


「カフェー!」

「お化け屋敷!」

「メイド喫茶~」


様々な意見が挙げられたが、めんどくさがりな担任の命令により、多数決でメイド喫茶に決まった。





< 3/ 32 >