ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

無口彼氏と遠恋中

五言目



「…ん…」


おでこに冷たい感覚を感じて、ゆっくりと目を開ける。


そこは見慣れたあたしの部屋の天井。


あれ……何で、あたし……。



「起きたか?」

「…え?」


斜め上から聞こえた、低くてハスキーな声に顔を向けた。


「…真琴ーーーーっっ!!!?」


そこにはあたしの顔を覗き込む真琴がいて。大絶叫したあたしに、眉間にシワを寄せて耳を塞ぐ。


何で何で何で!?何で真琴が!!!?


「夢!?幻覚!?幻!?」

「…うるせー。静かにしろ」


いやいやいや静かになんて出来ないって!


どうして!?だって真琴は東京に……っ。





< 22/ 32 >