ケータイ小説 野いちご

悪魔狩り屋と優しい悪魔

悪魔と私


真夜中―

夜道を私は走る。


息が切れ、胸が締め付けられるような痛みが私を襲う。


相手が悪かった…


私は背後を見た。雄叫びが上がる。


悪魔が私の数センチ後ろに足を下ろす。


足を下ろすと同時に衝撃波が巻き起こる。


私は衝撃波を真正面から受け、数メートル先の塀に身体を打ちつけた。


「カハッ…!!」


身体に激痛が走る。内臓をすべて吐き出してしまいたい。


衝撃波の影響か、四肢がしびれる。


「…やばい…!!」


私は悪魔を精一杯睨んだ。


< 15/ 101 >