ケータイ小説 野いちご

片想いだったね

プロローグ






楽しくて笑うのも、


嬉しくて照れるのも、


悔しくて泣くのも、







切なくて好きなのも、




何にすがり何に願っていけば良いのかわからなくなるのも、




一つ一つが刻み込まれた。




――――片想い――――




人を好きになり、必ず通る道。








出会えて良かった。





心の底からそう思う。










< 1/ 463 >