ケータイ小説 野いちご

ヤンキー王子とラブレッスン①【完】

狼の群れと子羊ちゃん





「あ、陸くん達だ」


楓ちゃんが、ひょこっと体を斜めにして、あたしの後ろに視線をやった。


……と同時に、


「じゃあ、僕、行くね」


と、楓ちゃんはあたしに、小さく手を振った。


「う……うん。
じゃあ……」


楓ちゃんに向かって、あたしも小さく手を振り返すと……。


楓ちゃんは、あたしの横を通り過ぎざま、こう言った。

< 229/ 447 >